BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »ゲイネコ記者が語る―アソコのサイズとセックスの真実

ゲイネコ記者が語る―アソコのサイズとセックスの真実  

デカさがすべてじゃない、欲しいのはハグとキス パートナーと『大切な時間』が過ごしたい



海外のゲイ向け情報サイトに興味深い記事があったので紹介します。

「チンコはデカければデカいほどいい」――これは、ほぼすべての男子に共通する認識だと思います。

ゲイの世界ではこの巨根信仰はさらに根強く、ユトレヒト大学の調査ではゲイの自尊心とペニスサイズは大きく関係するという結果も出ています。
また、記事によると、記者さんの周りのゲイカップルは3,4回のセックスの後に、相手のサイズに満足せずに別れてしまうことが多いそうです。
日本のゲイの出会い系でもまるでスリーサイズのように「身長/体重/チ〇コのサイズ」が書かれていることも多いです。

想像より小さいサイズ

匿名でゲイのネコの記者さんによって書かれた本記事。
この記事では、その巨根信仰を否定する意見が唱えられています。
ここからは記者さんの実体験なので、簡単に要約して翻訳します。

「僕の初体験は、Facebookでであった男とだった。彼はチャットで僕にペニスのサイズを自慢してきていて、僕も正直期待していた。

けれど、実際彼に会ってみてとてもショックだった。彼のペニスは、決して平均以下というわけでは無かったが、想像よりもはるかに小さかったのだ。

デカければいいのか?

でも、実際に彼としてみて分かったのだが、ペニスのサイズが言われていたのより小さかったことは全く気にならなかったのだ。
言ってしまえば、いままでした中で一番いいセックスだった。

それから、僕は様々なサイズの男と関係を持ったが、やはりネコとして言えることは『デカければいい』というわけではないということだ。デカい男が良いとは限らなかった。

沢山経験して、明確に分かったことが一つある。
セックスというのは、ただの肉体のぶつかり合いじゃなくて、『大切な時間を過ごすこと』なんだ。パートナーと一緒にいて安心するか、彼が僕をいかによく扱ってくれるかが、ペニスのサイズなんかよりはるかに大切だった。

サイズか?ハートか?それが問題だ!

僕にとって、キスとハグが一番大事なことなんだ。精神的な満足が一番欲しいんだ。
もし、自分のサイズに悩んでいる人がいたら、こう伝えたい。
『大切なのはサイズじゃなくて、ベッドの上でのパフォーマンスなんだ』って。
『デカければいい』が必ずしも正解じゃないことを、覚えておいてほしい。」

いかがでしたか?たくさんの人と関係を持った後にチ〇コはサイズが全てじゃない、愛がほしいと気づく記者さん…
ちょっとBL的萌えを感じますね。

—————————-

筆者はサイズの話だとはらだ先生の『やたもも』を思い出しました。
『やたもも』の受け・モモはむしろ攻めの八田の絶倫巨根っぷりに苦労している様子ですが、八田のたっぷりの愛情を受けて幸せそうです。
記者さんの体験とは逆パターンですが、これも「サイズは関係ない、愛が大切」にはいるのではないでしょうか。

ちなみに、逆に「短小」などで思い当たる作品がないので、「デカいほどいい」信仰は腐女子の間にもあるのかもしれませんね……(笑)

「攻めが短小」描写のあるBLをご存知の方、むしろ筆者にお教えください!!(笑)

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop