BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »ちるちるユーザーになってから腐女子として成長♥ その変化とは!

ちるちるユーザーになってから腐女子として成長♥ その変化とは!  

よく読む漫画&小説、よく聴くドラマCDは何か


みなさんがちるちるユーザーになって、どれくらいが経ちましたか?
ちるちるを使うようになってから多くの情報を目にするようになり、BLがより身近なものになったのではないでしょうか。
今回は私がよく読む&聴く作品を、ちるちるユーザーになる前後で比較していこうと思います!

ちるちるユーザーになる前/漫画

ちるちるを使う前は新米腐女子だったというのもあり、友達に勧められた漫画や流行りのものを読んでいました。傾向としては、せつない作品やコミカル作品が多かったです。
そしてひとつの作品にハマると、作家買いをしてしまうのがやめられません! 私は、みなみ遥先生、小嶋ララ子先生、大槻ミゥ先生の作品を見つけるとついつい手が伸びています。
よく読んでいたのは、小嶋ララ子先生の『あの子とジュリエット』。短編集なので読みやすく、表題作はとても切なくなっています。2人の将来が明るくあってほしいと思える内容です。

ちるちるユーザーになる前/小説
時間がなくても手軽に読める漫画の方を好んでいたので、BL小説を自分で買ったことはありませんでした。友達から「読んでみて!」と貸してもらったときくらいだったため、ちるちるを使う前は数えるほどしか読んだことがなかったです。自分で買って読んでいたのは普通の小説で、ストーリーに少しBLっぽさがある、といったような作品ばかりでした。

ちるちるユーザーになる前/ドラマCD

唯一聴いたドラマCDが、腰乃先生の人気漫画を原作とした『部活の後輩に迫られています』でした。このとき初めてBLドラマCDを聴いたので、エッチシーンのリアルさにびっくりしました!
内容は原作と同様にテンポよくすすみ、ギャグ要素も満載で楽しかったです。初めて聴いたBLCDがこの作品で良かったと思っています。

ちるちるユーザーになる前/よく読む&聴いていたトーンの割合


痛い:0、耽美:0、シリアス:10、せつない:80、あまあま:70、ほのぼの:70、コミカル・シュール:50、アホアホ・ギャグ:50、メリバ・不明エンド:10、ドロドロ:10、バイオレンス:0、ダーク:0、推理サスペンス:0

だいたいの割合ですが、かなり偏っています! 腐女子なりたてだったので、友達も明るい作品をよく貸してくれていたのが影響しているのかもしれません。

ちるちるユーザーになってから/漫画

まずは、作家買いだけにならず幅広く読むようになりました。流行りの作品や気になった作品はレビューなどでチェックするようにしています。みなさんもレビューなどはチェックしていると思いますが、自分に合わなそうだなと思ってもとりあえずは読んでみてください! 私の体験談ですが、案外好きな作品だったりすることが多いですよ♪
永井三郎先生の『スメルズライクグリーンスピリット SIDE:ASIDE:B』は、少年漫画のような雰囲気がBLっぽくなく、シリアスな内容なのにギャグもちゃんとあってその加減がちょうど良い作品です。いつも読んでいるBLとはまた違ったストーリーが新鮮でした。

ちるちるユーザーになってから/小説

ちるちるを使うようになって初めて読んだ小説が、犬飼のの先生の小説『暴君竜を飼いならせ』でした。この作品は、エロさやせつなさに加え、暴力やシリアスも多く盛り込まれた内容だったので、かなり衝撃を受けたのを覚えています。
ほかにヘビーな内容の小説も読みましたが、一気に読めるほうが好きなので、王道ストーリーで展開は分かるけどだからこそ安心して読める小説や、先が気になってドキドキできる小説をよく読んでいます。

ちるちるユーザーになってから/ドラマCD

声優にも少し詳しくなったので、ドラマCDを聴くのが楽しくなりました。人気原作のドラマCDやオリジナルBLCDをはじめ、原作を知らないBLCDも聴いています。私のイチオシは、オリジナルBLCD『男子高校生、はじめての 第1弾 幼なじみ独占欲』です。受け役を演じる鈴木裕斗さんの声が可愛くてたまりません! 当初はBGMがないというのも新鮮でした。
BLCDは日常シーンとエッチシーンのギャップを、リアルに楽しむことができるので漫画や小説とはまた違った萌えがありますよね。

ちるちるユーザーになってから/よく読む&聴くようになったトーンの割合


痛い:40、耽美:40、シリアス:60、せつない:160、あまあま:600、ほのぼの:140、コミカル・シュール:100、アホアホ・ギャグ:90、メリバ・不明エンド:40、ドロドロ:60、バイオレンス:50、ダーク:40、推理サスペンス:20

切なさやあまあま好きに、より一層拍車がかかった気がします。全体的にどのトーンも読むようになったので地雷はほぼなくなりましたが、あまあま作品がやっぱり大好きです!

ちるちる前・ちるちる後/よく読む&聴くようになったトーンの割合


さいごに
私は友達に貸してもらった二次創作をきっかけに腐り、ちるちるを使う前まではエロが多く切ない商業BLを読む腐女子でした。
ちるちるユーザーになり、BLニュースやレビューを読むようになって、これまで読んだことのなかったシリアスやダーク系の作品など、幅広く触れるようになりました。また、腐女子になりたての頃から好きだったあまあま作品も多く読んだことで、あまあま好き&王道好きが確立したと言えます。
そして、犬飼のの先生の小説『暴君竜を飼いならせ』に出会ったことで自分でも小説を買うようになり、今では漫画と同じくらい小説も読む腐女子に成長しました♪

みなさんはちるちるを使うようになって、何か変化はあったでしょうか。

記者:みこりん

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop