BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »ベネ様やトムヒ、ベン・ウィショーも!豪華俳優で送る歴史ドラマ劇場版が公開

ベネ様やトムヒ、ベン・ウィショーも!豪華俳優で送る歴史ドラマ劇場版が公開  

劇場版『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』 4/8(土)から


“ベネ様”ことベネディクト・カンバーバッチやトム・ヒドルストン、ベン・ウィショーなど英国が誇る人気俳優たちが一堂に会する大河歴史ドラマの劇場版『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』が日本でも公開中。

大阪では4月8日から「シネ・リーブル梅田」、東京では6月17日から「ヒューマントラストシネマ渋谷」、愛知では7月8日から「名演小劇場」でそれぞれ上映されます。

この劇場版はもともとイギリスのテレビドラマを元にしたもので、2012年ロンドン・オリンピックを機にイギリスで開催された大規模な文化プログラムの一環として制作されました。

シェイクスピアの原作を元にした全7作の壮大な歴史絵巻で、シェイクスピア愛好家の中では通称“ヘンリアド”と呼ばれる『リチャード二世』、『ヘンリー四世 Part1』、『ヘンリー四世 Part2』、『ヘンリー五世』と、通称“バラ戦争”と呼ばれる時代を描く『ヘンリー六世 Part 1』、『ヘンリー六世 Part2』、『リチャード三世』の世界を完全に再現します。

あらすじは以下の通り。


第一作『リチャード二世』:ベン・ウィショー演じるリチャード二世が中心の物語。従弟のヘンリー(ロリー・キニア)とトマス・モウブレーの決闘の立会いで二人を諌めて国外追放を命じる。ヘンリーの父親が亡くなり遺産を国のために没収するリチャード二世のもとに、ヘンリーは正当な相続を主張し戻ってくるのだった。

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop