BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »古川慎「あなたの身近に熊本はありますか」 方言BLCD声優インタビュー

古川慎「あなたの身近に熊本はありますか」 方言BLCD声優インタビュー  

受け役は田丸篤志!『ほーげんカレシとルームシェア!~熊本男子編~』


東京漫画社のBLCDレーベル「marble records」に、姉妹レーベル「marble records az」が誕生! 記念すべき第1弾オリジナルBLCD『ほーげんカレシとルームシェア!~熊本男子編~』が、5月31日に発売されます。熊本弁のBLCDは珍しい! と話題沸騰の本作。発売に先駆け、出演声優へのインタビューが到着しました!

物語は、東京の大学で偶然再会した2人が始める同棲とハジメテのラブ♥ 無口だけど情に熱い大学1年生・高宗勇人を古川慎さんが、芯は強いけれどドジっこな大学2年生・志垣春弥を田丸篤志さんが演じます。
なんと古川さんは熊本出身。リアルな熊本弁に期待も募ります……!
方言×大学生×同棲とトキメキポイント盛りだくさんなオリジナル作品。怒ったとき、甘えるとき、愛の告白にエッチのとき……聴けばあなたも方言男子の虜になるはず。

確実に手に入れるためにも、marble recordsの通販ページから予約必須です!!!

ドラマCD『ほーげんカレシとルームシェア!』キャストインタビュー
勇人役:古川慎、春弥役:田丸篤志

――――今回熊本の言葉を演じていただいていかがでしたか。

古川 いつも標準語のキャラクターが多いので、今回方言で、しかも地元の言葉でお芝居をするというのが楽しかったのと、勇人くんって人がすごくクールでかっこいいキャラクターなので、普段の自分とだいぶかけ離れた存在なんですよね。そんなかけ離れた存在を自分のパーソナルな部分として、自分の核に近い部分である熊本弁という言葉を使って演じるのが、自分の中で恥ずかしいところもあって。すごく嬉しくもあるのですが、俺、熊本弁でこんなカッコいい役演じちゃっていいのかい(笑)っていうムズムズ感はあったなぁと思います。

田丸 収録の前に熊本弁でセリフを読んだ音声をいただいたのですけど、その音声ってあまり感情を入れずにゆっくりと、方言が分からない僕にもわかりやすく読み上げてくれていたんです。でも実際に春弥のセリフにするときに、方言特有のアクセントを音だけでとってやってしまうと感情がのらない、でもアクセントが違うと方言として成立しない。そこのバランス、地元じゃない人が方言で演じる難しさをあらためて感じました。
僕は埼玉育ちなので方言は無くて、方言を使うことのなんたるかをわかっているわけではないので、わからずにやった部分はあったのですけど、気持ちはたくさんたくさん込めさせていただきましたので。はたして地元の方が聴いたとき、どう受けとめていただけるのかという不安はあるのですが。本当に楽しんでやらせていただきました。

――――お相手のキャラクターについての印象をお願いいたします。

古川 春弥くんは可愛いですよね~。
田丸(笑)
古川 なんかこう、言ってしまうと乙女みたいな気持ちのもっていき方をするなと。
こんなにカッコいい人とオレ同棲できるのとか、苦笑いするだでけでカッコいいみたいなところが恋に夢中な乙女な感じで。(春弥の)モノローグを聴いているからっていうのがあるのですが、まぁかわいい! すなおだし。かと思いきや、ちょっと意地はってみたりするし、でも意地はりきれなくて泣きべそかいちゃったりするようなところが、純粋でいいですね。

田丸 勇人は、ちょっとしか接しない人からはぶっきらぼうな人だなと勘違いされちゃうところがあるような、不器用というのか…春弥もそうなんですけど、お互いにもっと器用だったら、もっとすんなりうまいこといってたんでしょうね。春弥を演じていたから思えるのかもしれないけれど、その不器用さ含めて愛らしいと思いました。

――――聴きどころ、お薦めのシーン、セリフがありましたらお願いいたします。

田丸 僕はCDのキャストトークでも話したのですが、方言から標準語に切り替わる、そのギャップ、そこの変化に、聴いている皆さんはきゃ~ってなるんじゃないかなと思いました。
古川 ふとしたときに熊本弁になっちゃう春弥くん可愛いですね。春弥くんが熊本弁をしゃべっているシーン、僕好きなんですよ。自分は熊本人なんですけど、熊本人が熊本人の方言を聞いてもあまり可愛いとは思わないんですけど…(笑)
田丸 (笑)
古川 田丸さん演じる春弥が言う熊本弁は、熊本弁としてちゃんと成立していて、その上であどけなさがあって可愛いと思っちゃいますね。そのあどけなさというのは、方言をしゃべることのあどけなさというのではなく、ポロっとでちゃう感じが可愛いくて、なんかいいなぁ、これが方言萌えか!っていう感じです。これまでで一番熊本弁が可愛いと思える人です、田丸さんが。
田丸 (爆笑)おかしな話しだ。
古川 熊本弁って結構荒っぽく聞こえるところがあるんですよ。濁音が多かったりするので。田丸さんのは凄い柔らかい感じで、それが好きです。

――――最後にBLCDを聴いている方々へメッセージをお願いします。

古川 あなたの身近に熊本はありますか。このCDを聴いてくだされば熊本弁が身近に感じられるんじゃないかと思ったりします。少しだけ普段聞いている言葉とは違っても、物語に通っている純粋な恋心や想いは一緒なので、それを感じてもらえたらと思います。
「ほーげんカレシ」第1巻、ぜひぜひお楽しみに。

田丸 古川くんが地元言葉をしゃべってます。そして、田丸も熊本弁でしゃべるかも…しれません。普段あまりメジャーでは使われていない言葉をフューチャーしてつくっている作品です。日本語のおもしろさも伝わる作品だと思いますので、ぜひ聴いてみてください。

ドラマCD『ほーげんカレシとルームシェア!~熊本男子編~

発売日 2017年5月31日
品番 MBRA-001
価格 税抜2,500円/税込2,700円
発売元 marble records/マーブルレコード

出演 古川 慎/田丸 篤志 他

あらすじ
春弥は、高校時代の親友勇人にひかれていたが、苦しい想いから逃げるように、熊本から東京の大学へ進学するが、その翌年、勇人と同じキャンパスで再会。しかも、何の手違いか学校仲介のアパートからあと一週間で追い出されるというタイミングで。春弥の想いを知らない勇人は「うちにくれば?」とルームシェアを持ちかけて来る。……忘れようとしても忘れられなかった勇人との同居生活は、ドキドキの連続で、春弥は身も心も限界に……。

内容
本編ドラマ60分プラスキャストトークを収録

詳しくはレーベルの商品情報ページ

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop