BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »BL山手線ゲーム!「新宿」にはヤクザとホストBLが盛りだくさん!

BL山手線ゲーム!「新宿」にはヤクザとホストBLが盛りだくさん!  

1駅目は新宿からお送りします!BL山手線ゲーム


突如始まりました、BL山手線ゲーム!
先日、木下けい子先生の『トーキョートレイン』というBL漫画を発見。こちらの作品、「新宿ダーリン」「吉祥寺の戦士」「練馬の王子様」など、東京の駅を舞台にしたオムニバス形式となっており、各話で駅に合わせた男の子たちの恋愛が楽しめるようになっています。


今回は、上記で挙げた作品のタイトルから新宿に着目! 新宿の街で恋模様を繰り広げているBL作品をご紹介します。

漫画『歌舞伎町ストレイフラミンゴ』星名あんじ

歌舞伎町ホストの世界が舞台。煌びやかかつ華やかな世界観と、攻めの関西弁が魅力的な一冊。

インタビュー記事で見たときから気になっていて、この度電子で購入しました。レビューを書くときは基本、パラパラ見返しながらなので些か心許ないのですが、がんばります☆
ストーリーはあらすじをご覧になると明らかなように、歌舞伎町のホストのお仕事モノがベースのラブストーリーかな。
絵が綺麗で、男らしい色気もあり、読んで良かったと思いました。なんかジン・・ときましたし。
ただ、ホストの仕事事情が煌びやかな面だけではなく、エゲツないところにも踏み込んで描かれていますので、そこが受け付けない方もいるかな、とは思います。とは言っても重苦しくはなく、私は共感できたんですが。
ナンバーワンの類と耀司が色気があって、二人が絡む場面には引き込まれました。
本当、期待以上に良かったです。――霧笛丸さん

漫画『新宿ラッキーホール』雲田はるこ

表紙に目を奪われたBLファンも多いのでは? ゲイビ制作会社が舞台になっており、元ポルノスターの社長×元ヤクザの副社長をはじめ、さまざまなカップリングが楽しめるのもポイントです!

最初はおしゃれな漫画なのかなー、と気軽な気持ちで手に取ったのですが、
最後には、もうとにかく泣いてしまいました!
「昭和落語心中」もそうだったのですが、一緒に重ねてきた時間が、恋をなんと呼べばよいのかわからない感情に昇華させていく過程がエモーショナルに描かれています!!
萌え、むしろ、燃え!――蔵王さん

漫画『極道ダーリン』藤河るり

血の繋がらない兄と弟が、新宿を舞台に恋愛攻防を繰り広げます。義兄弟な上、ヤクザの組長とホストという組み合わせ、そそられます。

藤河さんはちょっと何かが足りないと思うことが多々ある作家さんなのですが、絵が綺麗なので読んでいます。
でも今回は今まで読んだ藤河さんの作品の中でも結構ツボに嵌る作品でした。
裏表紙のあらすじ紹介に「ハードボイルド」とあるのですが、それよりほのぼのした印象です。
裏社会っぽい展開はあるのですが、それ程緊迫した感じじゃありません。
攻め様の要望がタレ目で優しそうな目に、受け様に対しては少しワンコっぽい印象もあるので余計にそう思うのかもしれません。
部下に対しては厳しいので、受け様に対する態度とのギャップも楽しめます。――fiona0109さん

小説『HONEY』りんこ/イラスト:シラユキ

ホストの世界で繰り広げられるピュアでリアルなラブストーリーが魅力の小説。電子書籍でのみの取り扱いとなっており、未読のみなさんはこの機会にどうぞ!

攻め視点のお話なので、感情移入できるか少し不安だったのですが、とても読みやすい文章を書かれる方のようで、最後まで難なく読めました。
ホストの設定そのものについてはリアルさは余りなく、テレビや小説で読むような「理想のホスト」で描かれており、その点は「ホストは苦手」という人でも読めるのではないかなと思います。
そしてストーリーですが、新人の方(だと思います)にしては、きちんと伏線も張ってあって、何より主人公・理人の心情が細やかに表現してあったと思います。
おかげでHシーンも、萌えに萌えて仕方なかったです。この続きの構想もあるとあとがきに書いてあったので、期待したい作品・作家さんです。
これからへの期待も含めて、神評価にしたいと思います。――★★★ゆか★★★さん

小説『花とナイフ』犬飼のの/イラスト:國沢智

こちらは殺し屋同士の恋愛模様が描かれた小説。アンダーグラウンドな雰囲気がある新宿にピッタリ(?)なテーマと言えるでしょう! シリアス好きな貴方にオススメです。

言葉攻めじゃないのかというくらい名台詞が存在し、全体的に興奮しました。殺業の絆を持っていたのですが、読めていない1冊でしたので、新装版?*。発売日と通販を待てず書店にて購入し読ませて頂きました。私にとっては新刊と同じ感覚です。読み終えて九龍さんに惚れました。九龍さんの名台詞集…つくれます。。。――奄美立花さん

小説『淫らな背徳』愁堂れな/イラスト:陸裕千景子

こちらはシリーズもの。新宿西署の男達が恋愛模様を繰り広げます。警察官好きは、シリーズを通してチェックしてみてください!

淫らシリーズ第9巻。高円寺×遠宮(タローちゃん)のお話です。相変わらずズレたやり取りをする二人。高円寺の生傷も絶えません。お話の冒頭、どこに遠宮の地雷がひそんでいるか分からず悩む高円寺が気の毒だけど笑えます。確かに分かりにくいですけどね~。 
さて、今回は、遠宮の学生時代の友人である仲村が登場し、彼らの親密なやり取りに高円寺がジェラシーを抱くという新しい事態が発生します。今までは高円寺って本当に大らかで、そういう負の感情と無縁で、嫉妬するのはいつも遠宮でしたからね。ですが、↓でかゆみさんも書かれているように、本巻の新しい点は、遠宮の脆さや繊細さといった彼の内奥にあるものにスポットが当てられたところにあると思います。そんなこともあって全体的にシリアスな展開でした。――エレニさん

いかがでしたでしょう? ここでは6作品ほど取り上げましたが、新宿といえば歌舞伎町のイメージが強いのか、とにかくヤクザとホスト設定が多い多い! また記事内では1作品のみですが、作品を探しているとき、警察官設定も多いのが意外でした。ヤクザにホストに警察官、新宿は萌えの宝庫でした……!
他にも山手線内の駅を舞台にしたBLを捜索中ですので、オススメ作品があればぜひコメント欄にてお教えいただけると嬉しいです!

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop