BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »BL装丁デザインができるまで! ラフ案や作業工程、貴重画像など大公開!!

BL装丁デザインができるまで! ラフ案や作業工程、貴重画像など大公開!!  

『雪と松表紙のこだわりとは? 高橋秀武、円と球、編集者に聞く


先日、ちるちるBLニュースでBLの表紙デザイナーについてまとめたところ、予想外の大きな反響がありました。

「もっとこういう企画をやってほしい」とのコメントも寄せられたことから、BL読者のデザインへの関心の高さがうかがえます。

そんな声に応えて、BLの装丁デザインがどうやってできあがるのか、実際にデザインに関わる方々に聞いてみました

今回質問に答えていただいたのは、青年誌などBL以外のシーンでも幅広くご活躍中の漫画家・高橋秀武先生と、5月25日に発売された高橋先生の初BLコミックス『雪と松』の表紙デザインを手がけられた円と球の白川さん、そして担当編集者さんのお三方です。

『雪と松』は、江戸時代を舞台に、医者の松庵(しょうあん)と流れ者の雪(ゆき)というワケありの二人が出会い、過去の幻影に追いかけられながらも共に生きていこうとする、異色の時代劇BLです。
高橋先生の圧倒的な画力が時代背景に説得力を与えているこの作品、果たしてどんな過程を経て表紙デザインができあがったのでしょうか?

今回の具体的な工程は、まず、デザイナーである白川さんがデザインのラフイメージを作成し、さらに高橋先生が表紙イラストのラフ案を作成。
これらをもとに編集さん、デザイナーさんで表紙案を絞り、高橋先生が表紙イラストを描きます。
できあがったイラストをもとに白川さんがデザインを制作(同時進行で帯などの制作)、という流れです。

では、この流れに沿ってデザインができあがるまでのプロセスを見ていきましょう!

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop