BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »江戸川乱歩が同性愛研究などの手紙を燃やして生前整理を行っていた…?

江戸川乱歩が同性愛研究などの手紙を燃やして生前整理を行っていた…?  

筆者も死ぬ前には薄い本は処分したいと思います(真顔)


小説『孤島の鬼』などで知られる作家・江戸川乱歩先生が生前、妻や親交のあった人への手紙を大量に焼いていたことが先日、発表されました。

それだけなら「ふーん。…で?」という内容なのですが、焼却された手紙の中には風俗研究家岩田準一先生と共に研究していた❝同性愛の文献❞について紹介し合っていた内容もあったのだとか。

同性の恋愛について書かれた文献を読んだうえでの感想を言い合っている…。まるで最近読んだオススメのBL本を手紙に認めて(手紙に限らずメールやSNSでも)友人に語る腐女子みたいじゃないですか。

雑誌の趣味友募集コーナーでリアルに文通してイラスト(妄想エロ)を送り合っていた時代があった筆者としては、物凄く心に刺さる。過去が痛い。
家族に見られたくないから痕跡を消すために焼却した江戸川先生の心が分かる気がします。

恐らく研究のために自宅に持ち帰った文献もあることでしょう。今となっては心配しても仕方のないことですが、そちらもきちんと処分されたのか気になる…。

筆者は趣味丸出しの薄い本を所持しているので、生前整理は必ず行わないといけないなと思わされた記事でした。
皆さんの生前整理の必要はいかがですか…?

記者:冬桐

チルチル記事へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop