FC2ブログ
BLニュースかき集め隊長 ホーム » 未分類 »Kalafina・茅原実里・May'nが熱唱!まさかのアニソン的国歌のアレも披露!?『Songful days』ライブレポ

Kalafina・茅原実里・May'nが熱唱!まさかのアニソン的国歌のアレも披露!?『Songful days』ライブレポ  

Kalafina・茅原実里・Maynが熱唱!まさかのアニソン的国家のアレも!?『Songful days』ライブレポの画像1

May’n・Kalafina・茅原実里の三組

 2018年3月3日(土)に東京・両国国技館で音楽イベント『Songful days』が開催された。

 世界的にも注目される日本のアニメ・ソングシーンから生まれた、歌唱力のある実力派アーティストによる「歌」に焦点を当てたこのイベント。出演のKalafina・茅原実里・May’nの三組がそれぞれの持ち時間で自身たちの表現する「音楽」を両国国技館に集まった5,000人の観衆に響かせた。

 ゲストパフォーマンスとして登場の生田流箏曲演奏家・吉永真奈が琴の音で会場の雰囲気を作る中、「迷い込んだ森の奥で見つけた音楽会」という世界観を伝える園崎未恵によるナレーションで開幕。

 トップバッターで登場したMay’nは「ダイヤモンドクレバス」「You」などの楽曲を情感豊かに熱唱。「国技館初めて立たせて頂くんですけど、凄い広いね!」と語り、最後は最新アルバム『PEACE of SMILE』から「Shine A Light」を披露した。

 二番手は茅原実里。弦楽四重奏を引き連れてステージに登場した彼女は「なかなかこんな機会はないので、一曲一曲心を込めて歌いたいと思います」とMCを入れながら熱唱。弦楽アレンジとしては初披露となる「境界の彼方」や、代表曲「Paradise Lost」など7曲を歌い上げた。

 最後に登場したのはKalafinaだ。最新シングル「百火撩乱」から始まった3人の時間は「Kalafinaは心が温かくなるような曲を選んできました」とイベントへの思いを語りつつ「storia」「アレルヤ」などを披露し、会場を大いに盛り上げた。

 最後にMay’n・茅原実里が再びステージに登場してトークを繰り広げた後、「聞けばアニソンの国歌と言われる曲があるそうで…」と切り出し、この日だけのスペシャルコラボレーションとして、なんと『AIR』の「鳥の詩」を五人で披露。このサプライズに会場からは万雷の拍手が舞った。

 サイリウムを振り、熱狂の中全身で体験するフェス型の“動”のイベントに対する、歌の世界に心底浸りながら、その表現と一対一で向き合う“静”のアニソン系イベントとして開催した『Songful days』。次回の開催も期待される。

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
スポンサーサイト
未分類の関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop