BLニュースかき集め隊長 ホーム »
このページの記事一覧

『水曜日のダウンタウン』の“ジョジョ検証”、案の定BPOに苦情が入る……「いじめを助長するおそれがある」  

『水曜日のダウンタウン』のジョジョ検証、案の定BPOに苦情が入る……「いじめを助長するおそれがある」の画像1
BPO(放送倫理・番組向上機構)公式サイトより。

 放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)が、
「2018年5月に視聴者から寄せられた意見」を公式サイト上で公開した。

 4月に寄せられた意見では、「深夜のアニメ番組で、女子中学生に対して暴行、性的暴力、いじめを助長する描写があり、また未成年者の犯罪行為を肯定するようにも受け取れる描写が見受けられた」と、現在放送中のTVアニメ『魔法少女サイト』に対する苦情と思われる意見があったが、今回はアニメに対する苦情・意見はなし。

 今回目立つのは、日大アメフト部の危険タックル問題に対する報道のあり方、また新潟小2女児殺害事件における、マスコミの取材のあり方に対する意見。また、元TOKIO・山口達也の強制わいせつ騒動に関しても「人気タレントが起こした、強制わいせつ騒動についての報道が過熱し過ぎだ」といった意見が寄せられていた。

 その中で今回注目したいのは、「青少年に対する意見」中の「表現・演出」の項目にあった、「バラエティー番組での出演者を倉庫に閉じ込め、助けに来た友人を代わりに閉じ込めてしまうドッキリ企画は、子どもが真似をして人間関係を壊したり、いじめを助長するおそれがある。子どもも見る時間帯にここまで悪ノリした企画を放送するのはいかがなものか」という意見。

 この意見は、5月30日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で検証された「数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説」に対する意見と思われる。

 この企画は、『ジョジョの奇妙な冒険』(第4部)に登場するスタンド能力「スーパーフライ」から着想を得たもの。倉庫に設置された檻に芸人を閉じ込め、その芸人が檻から脱出するためには、自分の身代わりとして新たな芸人を倉庫まで呼び出さなければならないというルールだったのだが、これに「普通に犯罪でしょ」「間違いなく誘拐監禁」「警察に通報されてもおかしくない」といった批判の声が上がっていた。

 この企画に関しては放送時からすでに「間違いなくBPO案件」「これBPOものですわ」といった声が上がっていたが、その予想通りとなったようだ。

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
未分類の関連記事

森林原人も絶賛の奥浩哉の新作『GIGANT』 ヒロインは南梨央奈の遺伝子が入っている爆乳AV女優  

森林原人も絶賛の奥浩哉の新作『GIGANT』 ヒロインは南梨央奈の遺伝子が入っている爆乳AV女優の画像1
GIGANT』(小学館)第1巻

『GANTZ』『いぬやしき』に続く、奥浩哉の新作『GIGANT』(小学館)の第1巻が、5月30日に発売された。

 本作のヒロインはAV女優。1巻の表紙にも描かれているが、とにかくおっぱいがデカイ。Jカップという爆乳を持つAV女優・パピコ、そしてパピコの大ファンで、映画監督を目指す男子高校生・横山田零。この2人が出会うことで、物語が動き出す。

 ある日、零は下校途中に「この街にAV女優のパピコが住んでいます」という貼り紙を見つける。零はパピコの全作品を持つほどの大ファンなだけあって、いろんな意味で心穏やかでない。その夜、零は衝動的に貼り紙を剥がしに向かうのだが、そこでパピコ本人と出会うのだった。

 ここまで見ると、典型的とも言えるボーイ・ミーツ・ガールものなのだが、それで終わらないのが奥浩哉。なんと、パピコが謎のおじさんから「身体が巨大化する」という能力を得てしまう。おじさんは謎のDVDをパピコに遺しており、パピコの依頼で零はDVDについて解析をする。

 第1巻は物語の導入部といったシーンが多いが、日常の中にいつの間にかSFが溶け込んでいる奥浩哉の技法は相変わらず素晴らしく、ついつい読み込んでしまう一冊となっている。パピコのエロさもかなり魅力的で、次巻の発売が待ち遠しい。

 そんな『GIGANT』だが、現役AV男優の森林原人もTwitterで絶賛しており、「AV現場の様子がかなり正確で、(中略)男優ならではの裏読みも楽しい」とコメントしている。

 奥浩哉は執筆にあたって、AV女優で『GANTZ』オタと知られる南梨中奈に取材をしており、Twitterによれば、「パピコには勿論みなりおさんの遺伝子も入ってます」とのこと。みなりおファンをはじめとする、AVマニアにも勧めたい一冊だ。

【ダウンロードはこちらから!】

森林原人も絶賛の奥浩哉の新作『GIGANT』 ヒロインは南梨央奈の遺伝子が入っている爆乳AV女優の画像2

GIGANT
ページ数:231ページ
筆者:奥浩哉
出版社:小学館

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
未分類の関連記事

『タイムスリップオタガール 』(佐々木陽子)ヒロインの達観したポジティブ思考が痛快!全アラサーに捧げるオタク青春物語!!  

 オタクですか? と聞かれたら、「はい、オタクです」と即答できるくらいにはオタクです。華山みおです。

 オタクの必須教養の1つであるタイムスリップ系の作品、それぞれ心の中に名作があるかと思うのですが、今回はそれを塗り替えるかもしれない佐々木陽子先生の新たなタイムスリップ漫画『タイムスリップオタガール』をレビューします。

 以下、公式のあらすじの引用です。

———-
「──命を賭けても守りたいものはあるか?」

「ある」

 それが私、城之内はとこ(30)。命よりも守りたい同人誌をカラダでかばった結果、気がつけばタイムスリップしてました。1996年、13歳になってました。

「聞いてないよ、人生───!!!」

 カラダは13歳ココロは30歳のアラサーが二度目の人生を駆け抜けるッポジティブ・タイムスリップレジェンド!
———-
 
 この作品を読んでめちゃめちゃ面白いと思うのは、私がアラサーだからなのか……。主人公・はとこと同年代なら「知ってる! それあるある~! そうだったよね~」的な合いの手を入れながら読みたくなるこの漫画。そしてこの時代を知らない人には、よく話に聞く“あの”時代を追体験できる。『タイムスリップオタガール』はそんな漫画です。

 タイムスリップ、一度は妄想したことありませんか? この記憶、知識を持ったまま昔に戻れたらな~とか。

 でも実際に戻ったらめちゃめちゃ困惑しますよね。過去のあそこはやり直したいけど、この部分は活かしておきたいとかできないし……。全ては結果の連続によって今の自分がいるわけですからね。今の自分が立派なオタクになるために、コツコツと続けて、そのために心血注いできたものをまた最初から……となるとかなりキツイです。

 だけど、そこでへこたれないのが主人公・はとこ。彼女のポジティブさが気持ちいい。

 30歳になるまで徹底したオタクとして育ったはとこが、まだオタクに染まり切る前の中学生の体に戻って手に入れた、体力と学生時代特有のあり余る時間で人生2週目を謳歌していく。スマホもネットもない時代。あるのも培ったオタク知識と経験値と、底抜けにポジティブな思考回路。目の前の出来事をエンジョイしていく彼女の姿勢がめっちゃ痛快です。

 中学時代に占めていた悩みの大部分であろう人間関係や勉強って、通過してしまうと「なんであんなことで悩んでいたんだろう」ってなることが多いですよね。怖くてたまらなかった同級生の心無い一言や、そのとき見えていた世界の狭さも、アラサーの経験値を持って再度プレイしてみると、なんなくクリアできて、新たなステージを開くことができるのです。

 最新の3巻は特に、やり直して得たいこと、やり直したから言える台詞など、彼女だから言えるセリフがたくさんあります。10代の人は、いまこの瞬間に手を伸ばせば変われるかもしれないきっかけを、作品から学ぶことができるかもしれませんね。
 
 30代だから遅すぎるってことは、私はないと思っているけれど、学生時代にしかできないことって絶対にあるので、もう一回できるというのは本当に羨ましいことです。作品を読んだ学生さんが、いま自分の中で抱えている「恥ずかしいな」とか「難しいな」って気持ちから少し勇気を出して、自ら経験しに行くきっかけになれば素敵だと思います。そうなってほしいな。

 名前も覚えていなかったようなクラスメイト・リュータと改めて仲良くなったり、いじめっ子の長谷川の嫌味を受け流したりと、過去にはなかった人間関係を築いていくはとこ。この後、3人で三角関係的な感じになっていくのかな!? 過去の自分の夢と現代のオタク趣味が融合し、少しずつ過去とちがう選択をして積み重ねる先に、彼女がどんな未来を築くのか!? その途中で元の時間軸に戻る出来事が起きるのか!? などなど、この先の展開が楽しみ過ぎる漫画でした!!
(文=華山みお)

【ダウンロードはこちらから!】

『タイムスリップオタガール 』(佐々木陽子)ヒロインの達観したポジティブ思考が痛快!全アラサーに捧げるオタク青春物語!!の画像2

タイムスリップオタガール (1)
ページ数:178ページ
筆者:佐々木陽子
出版社:フレックスコミックス

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
未分類の関連記事

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop