BLニュースかき集め隊長 ホーム »
このページの記事一覧

『青のオーケストラ』ボーイミーツガールの青春群像劇!新たなクラシック漫画の傑作誕生の予感!!  

 ここ数年、クラシックを中心にした音楽コンテンツが流行っている。例えば社会現象化した『のだめカンタービレ』や、原作漫画とアニメを同時に終わらせるという手法で話題になった『四月は君の嘘』、ユーフォニアムという一般的にはあまり知られていなかった楽器を一躍人気楽器にした『響け!ユーフォニアム』(原題『『響け! ユーフォニアム 北宇治高校 吹奏楽部へようこそ』)などだ。2018年4月には『ピアノの森』がアニメ化さ予定であり、この流れはまだまだ続きそうだ。

 そして、ここに新たな音楽コンテンツが誕生した。阿久井真の『青のオーケストラ』だ。阿久井真は、2010年の第66回新人コミック大賞で佳作入選後、小学館のウェブコミックサイト・裏サンデーを主戦場に活躍していた漫画家だ。人間の姿をした鳥と人間の男の子の交流を描く『猛禽ちゃん』や、劇場版アニメ作品として大ヒットを飛ばした『心が叫びたがってるんだ。』のコミカライズを手掛けている。今作『青のオーケストラ』で4作目となる。

 『青のオーケストラ』の主人公・青野一の楽器は、第1巻の表紙にある通り、バイオリンだ。学園青春モノでバイオリンと聞くと、『四月は君の嘘』を思い出す人が多いと思うが、それはまちがいではない。恐らくだが、『青のオーケストラ』も多分に影響を受けていると思われる。

 まずは第1巻の公式説明文を引用しよう。

 青春の、曲が始まる。

 とある理由でバイオリンを弾くのを辞めた元・天才少年、青野 一。

 中学3年の秋、ひとりの少女と高校のオーケストラ部と出会い、止まっていた彼の時間が動き出す――

 音と音、心と心が繋がっていくアンサンブル青春ドラマ、開幕。

 ここでの注目は「とある理由でバイオリンを弾くのを辞めた元・天才少年」という部分。『四月は君の嘘』の主人公・有馬公生そのものである。そして、「ひとりの少女と高校のオーケストラ部と出会い、止まっていた彼の時間が動き出す」だが、これは『四月は君の嘘』でいうところの宮園かをりだ。『青のオーケストラ』の主人公・青野一は、有馬公生と楽器が異なり、楽器を中断した理由も異なれど、ほぼ同じ状況に置かれている環境から物語は始まるのだ。

 一方、『四月は君の嘘』の宮園かをりに当たるのは、『青のオーケストラ』でいう秋音律子だ。ふたりとも同じバイオリニストだが、決定的に異なるのは前者は自由奔放ながら天才肌のバイオリニストであり、後者はまるっきりの初心者ということ。性格については、ふたりともツンデレであり、自由奔放であり、素直でだいたい一緒だ。

 『四月は君の嘘』を読んだことある方ならば、1ページ目を読んだ瞬間から、乱暴に言ったら『青のオーケストラ』の表紙を見ただけで、『四月は君の嘘』を彷彿するだろう。

 実際のところ内容はどうなのだろうか。

 第1巻は、主人公・青野一がヒロイン・秋音律子との出会うことで、再びバイオリンを弾く楽しさと快感を取り戻し、ふたりで切磋琢磨しながら、ときには師弟関係であり、友人であり、ライバルでありながら(実力差はありすぎるが)、オーケストラ部の強豪校である海幕高校へ入学するまでを描いている。

 第2巻は、オーケストラ部に無事入部したふたりに待ち受ける強豪校ならではの、人間関係の困難さ、新しい友情、新しいライバルとの関係、そしてほのかな恋を描いている。

 第1巻こそ『四月は君の嘘』の影響を多少感じることがあったが、それはほぼ設定が近しいための錯覚であったかもしれない。もちろん両作とも完全なる「ボーイ・ミーツ・ガール」の学園青春ものであるが、『四月は君の嘘』は中学生を描いている、そしてソリスト同士の物語ということもあり、世界観が比較的狭かった。しかし、『青のオーケストラ』は対集団であり、群像劇である。青野一と秋野律子、それぞれの環境と周囲との関係性が集約することで、物語が動いていく。

 中学生では描きにくかったことも、高校生だからこそ描かなければいけないことも、これから『青のオーケストラ』には出てくるはずだ。例えば恋愛。中学生では描けなかったことも多いが、高校生であればなんとかなる表現も出てくることだろう。小桜ハルの淡い恋心はどうなるのか、そこに秋音律子はどう絡んでいくのか、それとも新しい恋のライバルが出現するのか。

 部活という親密でありながらも、弱肉強食であり、完全なる実力主義の中で、どうキャラクターたちが挫折し、成功し、人間的に成長していくのか。そして、それが部活という枠を越え、日本中のまだ見ぬバイオリニストがどう彼らに絡んでくるのか。 『四月は君の嘘』はある意味、宮園かをりの死へ突き進む、閉じた物語であった。しかし『青のオーケストラ』は狭い場所から、大海原へ開かれた物語なのだ。

 第2巻の終わりでは第一の壁・部内オーディションが開かれるところで終わる。

 今後、キャラクターたちが出す音が漫画を通してどう変わっていくのか、非常に楽しみな作品である。
(文=Leoneko)

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
未分類の関連記事

『ポプテピピック』のアニメ特大ヒット祈願!ひたすら付箋を貼る“とびっきりのクソバイト”大募集!!  

 アルバイト求人情報サービス「an」で、思わず挑戦してみたくなるような「an超バイト」の新企画として、SNSを中心に話題沸騰の4コマ漫画『ポプテピピック』アニメ化の特大ヒットを祈願して、ひたすらコピペをしまくる“人力コピペバイト”を2名募集することが分かった。報酬は、日給5万円と、原作者・大川ぶくぶさんサイン入り色紙、オリジナル特製スタンプ、オリジナル付箋(自作)がプレゼントされる。

 “とびっきりのクソ4コマ”という謳い文句でSNSを中心に話題沸騰のWEBコミック『まんがライフWIN』にて連載された大川ぶくぶの4コマ漫画『ポプテピピック』が、2018年1月に待望のアニメ化が決定した。

 今回の「an超バイト」では、アニメ『ポプテピピック』の特大ヒットを祈願し、ひたすらコピペ(コピー&ペースト)をしまくる“人力コピペバイト”を大募集する。作品内の名シーンの1コマを使用した、空の吹き出し入り特製スタンプを作成。それを大判付箋(100枚入り)にひたすらコピペし、オリジナルのポプテピピック付箋作りすることになる。コピペする数は煩悩の数108個…アニメの特大ヒットを祈りながら無心でコピペしよう。

 泥水すすりながら出来上がった付箋は、キングレコードのスタッフへ寄贈し、インテリアとして使われる。

■募集概要
●内容
アニメ『ポプテピピック』の特大ヒットを祈願し、オリジナル特製スタンプで大判付箋(100枚入り)に、ひたすらコピペ(コピー&ペースト)をしていただきます。
※ 最終的に10,800枚のスタンプを押すことになります。
●報酬
日給5万円+原作者・大川ぶくぶさんサイン入り色紙+オリジナル特製スタンプ+オリジナル付箋(自作)
※ 全国どこからでも交通費全額支給
●募集人数
2名
●応募資格
経験、年齢、性別など一切不問です。
~ こんな方にお勧めです ~
・原作が好きな方。
・単純作業に耐えられる方。
・素早くスタンプを押せる方。
・中指立てない方。
・途中で投げ出さない方。
●・実施日時
2017年12月中旬 3時間程度
●実施場所
東京都内某所
※詳細は採用者にのみお伝えいたします。
●募集期間
2017年11月14日(火)9:00~2017年11月27日(月)23:59
●応募方法
(1)「an」公式Twitter(@weban)をフォロー
(2)本企画の該当ツイートをリツイート
(3)特設サイト内の応募フォームから必要事項を入力して応募
●特設サイト
https://weban.jp/contents/c/cho_baito/poptepipic_pc/

※詳しくは特設サイトをご確認ください。
※本募集はパーソルキャリア株式会社により実施されますが、雇用元はイーストアイプランニング株式会社となります。

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
未分類の関連記事

『マジンガーz』と『ロボットガールズ Z』を熱く語りあう!「スーパーロボットまんがまつり」レポート!!  

『マジンガーz』と『ロボットガールズ Z』を熱く語りあう!「スーパーロボットまんがまつり」レポート!!の画像1

「スーパーロボットまんがまつり」第1部

 11月12日(日)コングレスクエア中野、コンベンションホールにて開催された「中野×杉並アニメフェス 2017」内にて「スーパーロボットまんがまつり」が開催された。このイベントは、2部制となっており、第1部は今 TVアニメ放送から45周年をむかえる『マジンガーZ』を中心に「スーパーロボットマニアックトーク」を、第2部はスーパーロボットたちを美少女キャラ化したアニメ『ロボットガールズ Z』のキャスト陣が登壇した「ロボットガールズ Z コーナー」が開催された。

 第1部では、元AKB48・田名部生来が『マジンガーZ』のヒロイン・弓さやかのコスプレで登場し、五十嵐浩司(アニメーション研究家)と共にMCを務めた。「マジンガーZ 第 34 話『紅い稲妻 空とぶマジンガー』」が上映されることが発表になると、観客からアツい歓声があがり、会場の熱気を感じさせた。

 上映後、前半のトークゲストとして『マジンガーZ』TVアニメ放送当時の製作スタッフである勝田稔男(演出)、 友永和秀(原画)のほか、越智一裕(まんが映画家)が登壇し、TVアニメ放送当時の貴重な制作秘話が次々と飛び出した。五十嵐からの「原作をアニメ化するうえで演出として工夫した点は?」という問いには勝田が「アップになるカットは超合金の「質感を出すことにこだわった。“巨大ロボット”なので全編通してスケール感の表現は常に意識していた」と語った。
 
 また、原画を手掛けた友永は「リアルな爆発シーンを作りたくて試行錯誤していた」と話し、越智も「(友永の原画の)爆破シーンやロボットの重量感などの表現は、他の作品にも浸透し、ロボットアニメの歴史を作った人」と絶賛した。

 後半は TV アニメシリーズで弓さやか役を務めた松島みのりをトークゲストにむかえた。田名部から役柄への想いを聞かれると「本当に大切な役。この役を通して恋愛シーンや年ごろの娘を経験して演技の幅が広がった。その後の仕事につながった役だと思う」と弓さやかという役への愛を話した。また、映画『マジンガーZ/INFINITY』(20181 月公開)の最新の予告動画の上映後、実は松島が出演していることに触れ、「どのシーンに出演しているか当ててみてください」とおちゃめに話した。

『マジンガーz』と『ロボットガールズ Z』を熱く語りあう!「スーパーロボットまんがまつり」レポート!!の画像2

「スーパーロボットまんがまつり」第2部

 第2部では、MCは第1部と同じく田名部が務め、ゲストに本多真梨子(Z ちゃん役)、高岡香(ガイちゃん役)、森下由樹子(ガラダK7役) 、西連寺亜希(グロちゃん役)、の4名が登壇した。はじめに『ロボットガールズ Z』のこれまでの歴史を振り返り、『ロボットガールズ Z 第0話』新作のぷちキャラアニメーションを上映した。

 ゲスト陣の生オーディオコメンタリー付きで上映となった第0話はもちろん、本イベントで初披露となった新作アニメでも、ゲストも観客も一緒になって大きな笑い声があがるシーンがいくつもあり、大盛り上がりとなった。

 その後、突如「アキタイガー2世からの挑戦状」として西連寺によく似た”アキタイガー2 世”が登場、田名部に代わってMC を務め、『ロボットガールズ&中野コラボクイズ』が開催された。「マジンガーZ」に関する問題などのほかに、中野区のなかのまちめぐりキャラクター「クルトン中野」が登場し新たな名前を考えるなど、大喜利のような問題など、様々な問題が出題された。

 最終問題はなぜか高岡を除く全員が正解し、ただ 1 人不正解となった高岡が総合でも最下位となった。最下位の高岡は罰ゲームの準備のために一度降壇。アキタイガーも退場し、高岡が戻ると西連寺がバースデーケーキを持って再登場し、4日後の11月16日に誕生日を迎える高岡にサプライズでお祝いした。客席からもバースデーソングの大合唱と「お誕生日おめでとう」のプラカードでお祝いされ、高岡は「こういうの初めてで本当に本当に嬉しい!ありがとうございます」と大喜びだった。

 今回も盛りだくさんな内容となったロボガのイベントだったが、最後にゲストそれぞれが、「アニメに声をあてるのが初めてで、ロボガはいつもあったかい現場でたのしかった」(西連寺)、「ロボガはもう 7 年も続く大切な作品。これからも細く長く続いていけば嬉しい」(森下)、「ずっと一緒にやっているスタッフさんと、ずっと応援してくれるファンのみなさんがいるロボガチームだからこそ、こんなに続けられるのだと思う。これからも何かの形で続いていければ」(高岡)、「改めてロボガの歴史を振り返ったのは初めてで、改めてずっと応援し続けてくれてるみなさんはハートが強いなと感じた。スタッフさんもロボガを大好きでいてくれて、まだあきらめないって気持ちで作ってくださっている。そんなアツい作品なので、今後もまた何かしら続いていくのでは」(本多) とロボガへの熱い想いを語った。

続きは「おたぽる」へ>>

関連記事
未分類の関連記事

楽天

admax

最新記事

おすすめ!

▲ Pagetop